三浦龍太郎

1977年山梨県生まれ

小学校から高校まで「バカでウスノロでオチこぼれ」と周囲から言われるくらいの万年落第生だった。

日本で落ちこぼれてしまったので、学生時代はアメリカとヨーロッパの大学に長期間留学して、青春時代を西洋諸国で過ごす。

2003年の12月に努力の甲斐あってようやく母校の英国バーミンガム大学で国際政治経済で修士号を取得して、人並みの実績をようやく収める。

卒業した後、直接は日本に帰らず、今年1月にシンガポールの貿易会社に決まり、社会人生活を東京ではなく、アジア太平洋の中心地のシンガポールでスタートさせる。

シンガポールで仕事しているときは、マレーシア、タイ、香港などの東南アジアをメインに行動する。

シンガポールでの生活は非常に充実していたが、一身上の理由でシンガポールでのキャリヤをやめて、日本に一時帰国する。

東京でFactoryもも代表の梅木桂子代表と出会う。
以来、メディアFの経済、国際問題アドバイザーとして日本女性の社会進出に貢献。

独自の世界感、経済的な視点による特別なメッセージを送り続けている。

趣味:
読書、外国語(英語、ドイツ語)、旅行(25カ国を一人旅)、ラケットボール、料理(特に中華料理にはまっている)、音楽(大学時代はピアノを習っていました)

特技:
和文、欧文の早打ち 複眼的で誰にも左右されない自由な思考力 知的謙虚さ(人格的な謙虚さとは別ですけれど・・・)

将来の夢:
何か一芸に秀でる技術を遅くとも40歳までもつこと

 

 

 
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー